車の運転が上手くなる方法・コツまとめ【動画でわかりやすく】

 

車の運転が上手くなる方法やコツを解説した動画をまとめました。

 

運転は自信がつくまでは怖かったり、不安だったりしますよね。

 

免許取り立てだったり、久しぶりに運転するペーパードライバーだったりすると、ドライブを楽しむどころではなかったり・・・

 

また、運転歴の長いドライバーでも、

 

「もっと車の運転が上手くなりたい」

 

「運転中に危険な目に遭うことが多い(下手くそなのかも・・・・)」

 

と思っている人もいるでしょう。

 

そんな人は、ぜひ以下で紹介している動画を参考にしてみてください。

 

 

 

ハンドル操作編

 

運転の基本となる「ハンドル操作」を元テストドライバーが解説

 

正しくハンドルを操作するためには、前準備としてシート位置合わせも大切ですね。

 

ハンドルは「9時15分付近を握る」など、スムーズで正確なハンドル操作をするのに必要なことを教えてくれています。

 

 

 

教習所教官が教えるハンドルの回し方講座

 

正しいハンドル操作を身につけることで、右左折やカーブをスムーズに曲がることができます。

 

初歩的な事なのですが、ほかの人のクルマに乗ると「あれっ、自分とは何か違うな」「なんだか危なっかしいぞ」と感じることがあったりします。

 

 

 

車両感覚編

 

車両感覚をつかむためのポイント

 

今の教習車は、全長が4.7m、幅が1.8mもあるんですね。

 

私が通っていたころ(20数年前)の教習車は、もっと小さかった覚えがあります。

 

これくらい大きな車で運転に慣れておけば、卒業後に「車が大きすぎて怖い」ということはそうそうないでしょうね。

 

 

 

車幅感覚を身に付ける方法

 

車両感覚をつかむ上でのひとつの目安

 

「運転席から見てクルマの中心線の延長線上に道の白線があるとき、左前のタイヤは白線の上に乗っている」

 

日頃運転していても、左に目一杯寄らなければすれ違えないケースというのはありますから、この感覚は身につけておいて損はないですね。

 

 

 

バック駐車編

 

バック駐車 車庫入れ編

 

教習所でもバックでの駐車は教えてくれるものの、ポールを目印にする方法なので実践的ではありません。

 

慣れでだんだん上達するものですが、何を目印にすればいいか?が頭に入っていると上達具合も変わってくるでしょう。

 

 

 

苦手な車庫入れを克服するコツ

 

車庫入れをするには、第一に自分の入れたい車庫のスペースをよく観察する・・・・などなど。

 

ホワイトボードに図を書いてわかりやすく説明してくれます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

愛車の価値が下がる前に

一括査定でチェック

お試し査定もOK!